鋼機産業株式会社 3次元設計 中国製作 エンジニアリングを請け負います

 
  
 

TOP

設計

製作

環境

会社概要

お問い合わせ

 
  TOP > 設計 > 配管設計   
 

設計

 
  
 

配管設計

配管の3次元設計
 
 配管を3次元設計で行う事により、PC上でバーチャルモデルが出来上がります。
干渉チェックや、安全診断など、事前に様々な問題を解決する事が出来ます。
鉄骨設計、機器設計の3次元データをそのまま取り込むことが出来るので、効率的に作業を進める事が出来ます。
また、アイソメ図を自動作図する事が出来るので、大幅なコストダウンも見込めます。

使用ソフト:Bentley社 PlantSpace 及び Autodesk社 AutoCAD Plant3D
 
 モデル
  配管だけに限らず、付帯する鉄骨、機器もモデル作成。
作成する付帯設備はランクを設定し、出来るだけ簡略化して
作成します。
 
 
 
図面
配管図 配管図。
3次元データから切り出した平面図を図面化します。
ラインNo.等はモデル属性から読み込めます。
 
 
鳥瞰図 鳥瞰図。
全体図や、系統ごとなど自由に作成が可能。
入り組んだ配管の場所では、かなり判り易くなります。

据付現場ではかなり重宝される図面です。
 
 
 アイソメ図 アイソメ図。
すべて自動作図。
 
 
 プレファブ単品図 プレファブ単品図。
海外で製作する場合など、シンプルな図面の方が
判り易く、ミスも少ないので、必要に応じて作成します。す。
 
 
干渉チェック
干渉チェック 干渉チェック。
配管同士だけでなく、建築鉄骨、電気、機械設備など、
設計担当が違う設備同士の干渉チェックは絶大な効果を
発揮します。

3次元配管設計の一番のメリットと言えるでしょう。
現地据付工事で、大幅なコストダウンが見込めます。
  
 Copyright (C) 2010 KOHKI SANGYO All Rights Reserved